蓬莱学園高等学校TOP > 学園案内 > 略年譜

略年譜

概要

 ■校長メッセージ
 ■生徒会長メッセージ
 ■校歌
 ■校則
 ■校章・エンブレム
 ■創立150周年記念事業

蓬莱学園の歴史・エピソード


 ■歴史
 ■略年譜
 ■不忍池の誓い
 ■神田神保町の合戦
 ■三三七高地の戦い
 ■90年動乱

 ■穂北眞八郎の理想とその教育

1767(明和4)年   穂北眞八郎(ほきた・しんぱちろう)、館山に生まれる。
安永〜天明年間
(1770〜80年代)
房総・屋凪(やなぎ)藩の重商改革断行。下級藩士・斗余八郎兵衛(とまり・はちろべえ)が重用される。
1788(天明9)年 松平定信による寛政の改革はじまる(〜1793)。屋凪藩の斗余一派失脚により、穂北眞八郎が江戸に上る。
寛政年間(1790年代) 穂北眞八郎、仙台で林子平の知遇を得る。蝦夷地へ渡り、アイヌの娘・アピとめぐりあう。豪商・高田屋嘉兵衛から預かった御禁制の外洋船〈乾坤丸〉で琉球へ渡る。琉球王・尚温(しょうおん・在位1795〜1802)から「舜天王八巻」を託される。
享和年間(1800年代) 眞八郎、東南アジア・英領インド・上海・満州・シベリアを放浪、李朝民と義兄弟になる。
1804(文化元)年 眞八郎、北京から興安嶺〜小樽へ脱出。〈乾坤丸〉、小樽沖に沈む。年末に上野に帰還、居をかまえる。
1819(文化16)年 この頃、「不忍池の誓い」が成されるという。
1820年頃(文政年間) 浅草を中心に「ほうらい講」が成立、曲亭馬琴もかかわるという。
1820(文政3)年 高井麻四郎太(たかい・ましろうた、のちに多賀ノ院四郎佐衛門)、松前藩の領地である奥州・梁川(やなかわ)に生まれる。
1823(文政6)年 南豪忠継(なんごう・ただつぐ)、江戸に生まれる。
1824(文政7)年 宇都宮唐太郎(うつのみや・からたろう)、江戸は池袋に生まれる。
1827(文政10)年 穂北眞八郎、還暦をむかえる。
1829(文政12)年 シーボルト事件おきる。からくり弁吉、眞八郎と出会う。
1831(天保2)年 雨木惣右エ門(あめき・そうえもん)、長崎は平戸に生まれる。
1842(天保13)年 「南総里見八犬伝」完結。この頃、南豪忠継と高井麻四郎太が「ほうらい講」に加わるという。仁木紘秀、この頃生まれるという。
1847(弘化4)年

穂北眞八郎、米寿をむかえる。曲亭馬琴、没す。

1855(安政2)年 不忍池の近くに蓬莱塾が設けられる。前年に続いて江戸に大地震。「蓬莱唐繰会」のメンバーが江戸中の蘭学塾に殴り込み、洋書各種を奪い取る。
1860年代 このころ塾内に舎密普及会ができる(のちの化学部)。一部塾生、幕府の倉からマスケット銃を奪い、自警団を結成するという。
1867(慶応3)年 穂北眞八郎生誕100年。徳川慶喜による大政奉還。
1868(慶応4・明治元)年 12月:穂北眞八郎、「愛宕山の説法」の後、屋凪藩上屋敷にて没す。
1890(明治23)年 蓬莱塾が浅草に移転、東京市蓬莱大学校と改称。理事会が設立される(初代理事長、雨木惣右エ門)。「一高殴り込み事件」。学生会会長・桧垣膳(ひがき・ぜん)の命令により応援団が組織される。浅草に凌雲閣(通称「十二階」)ができる。
1901(明治34)年 蓬莱大学予科(第一高等部・通称北天校)を北海道の小樽に新設。
1905(明治38)年 蓬莱塾50周年。「ニセ大公」事件おこる。首謀者のクルト・茜小路が蓬莱学園初の放校処分となる。「あずき倶楽部」創設、戦後の不景気に乗じて躍進。
1912(明治45・大正元)年 蓬莱大学、滋野男爵やルイ・ブレリオらを招いて模範飛行大会を開催。
1915(大正4)年 長崎の理事長邸を改増築して女子高等学校を設立。
1919(大正8)年 自治会主義者・倚福部風吉、生徒会長に就任。副会長は鈷坂眞右衛門(こさか・しんえもん)。後の世に「儚き風の如き彼の日々、彼の人なればこそ」と詠われる。「江戸川往来合戦」おきる。女子校に「留学生会」が発足。
1920(大正9)年 大学部が中央アジアに探検隊を派遣。
1921(大正10)年 東京浅草区(現・台東区忍岡)に「浅草高等部」(蓬莱大学予科浅草分校舎)が設立される。
1923(大正12)年

長崎女子校の正門が造られる。関東大震災発生。大学&浅草高等部は奇跡的に無事、付近住民から「ほうらい様」と崇められる。
学園が宇津帆島の一部を買い取って南洋研究機関を設立、関係者および浅草住民の町ができる。宇津帆島で「軍艦図書館」の建造開始。

1924(大正13)年 南洋研究機関による第一次南洋学術調査(〜29)。宇津帆町のはずれ(現・宇津帆新町)に「新十二階」ができる。宇津帆島に路面電車が敷かれ始める。
日本支配下の台湾に、財閥の寄付によって蓬莱素材化学研究所が創立される。
1928(昭和3)年 宇津帆島南部で、恐竜の痕跡が発見される。 宇津帆島および日本支配下の台湾に化学部の工場ができる。
1930(昭和5)年 理事会が浅草の大学部を発展解消、宇津帆島の研究機関と合併して「研究局」となる。宇津帆島に第二高等部(男女別学)を新設、四天王の家系が生徒会に就任。研究局がミスカトニック大学と合同で南極調査隊を結成、三回におよぶ学術調査を行なう。
1931(昭和6)年 第二高等部の学生寮が完成:男子寮は尾登呂ヶ沼駅前、女子寮は三日月ヶ丘北斜面。
1934(昭和9)年 学園の第二次南洋調査(〜38)。
1936(昭和11)年 整理整頓委員長・水無月凱(みなづき・がい)、ベルリンにヒトラー総統を表敬訪問:全委員が名誉ヒトラー・ユーゲントを名乗る資格を与えられる。 生徒会執行部は実権を喪失、軍事研とSSの幹部による「軍学時代」がはじまる。
1939(昭和14)年 軍事研「校道派」による学園クーデタ未遂事件(「10・10事件」)勃発。執行部&整理整頓委員会と結んだ「統制派」によって鎮圧される。
1943(昭和18)年 学徒動員で生徒激減。制服が詰襟と振袖袴から、国民服とモンペに変更される。
1945(昭和20)年 広島と長崎に原爆投下、敗戦。島が大幅に再隆起。「GHQ時代」はじまる。
宇津帆島でインチ・ポンド法施行(〜50年3月)。サマータイム制導入(〜58年6月)。国際政治学研、GHQの要請で発足。
1948(昭和23)年 小樽と長崎の高等部を廃止、宇津帆島の第二高等部と合併。 小樽校で残留派による「クラーク講堂爆弾テロ」事件。本土&島東南部の旧学生寮が撤去され、廃材をムリヤリ活用して「恵比寿寮」が建設される。
進駐軍、宇津帆島を撤退。GHQ時代終わる。
1950(昭和25)年 学園60周年、雨木理事長による『雨木桜』の植樹。三派全生連の穂北眞八郎記念講堂攻防戦(北堂攻防)。戦後学則が施行される。
1951(昭和26)年 急進左派運動の活発化に脅威を覚えたクラス代表会議、公安組織として非常委員会を設置。野球部、東東京地区から甲子園大会に出場。区画改正により宇津帆新町ができる。
1952(昭和27)年 旧図書館(軍艦図書館)、第五次増築が完了。翌月に怪異が発生、以後放置される。
1953(昭和28)年 新図書館が建設される。
1954(昭和29)年 私立蓬莱学園高等学校と正式に改名、別学を廃し男女共学となる。研究局は研究部となる。
1955(昭和30)年 蓬莱塾100周年。鮫島執行部が50年度全誌の検閲・改訂事業に乗り出す。100周年事業の一環として「旧図書館整頓隊」が編成される(第一次整頓隊)。
1958(昭和33)年 蓬莱学園高校合併10周年。
1967(昭和42)年 穂北眞八郎生誕200年。『男女同寮』時代はじまる(〜69年まで)。記念事業の一環として、酒橋会長の命により旧図書館第二次整頓隊が編成される。
1968(昭和43)年 蓬莱学園高校合併20周年。穂北眞八郎、没100年。
1971(昭和46)年 キリスト教研OBからバチカンの枢機卿が出る。
1975(昭和50)年 蓬莱塾120周年。各種記念事業行われる。
1978(昭和53)年 蓬莱学園高校合併30周年。
1979(昭和54)年 蓬莱学園、交換留学生・途中転入者大量受け入れ開始。おりからの校内暴力急増にともない、本土各地から優秀な人材の転入が相次ぐ。
1980(昭和55)年 蓬莱学園、年度の一月開始に移行完了。「宇津帆島全誌」発行。
1985(昭和60)年 蓬莱塾130周年。穂北記念大講堂、5回目の増改築により現在の姿になる超あ研の大型粒子加速器「パルジファル」完成。
1986(昭和61)年 蓬莱学園が世界初の10万人高校になる。
1988(昭和63)年 蓬莱学園高校合併40周年。記念の新校舎が完成する(北&中央校舎群)。シェワルナゼ外相来蓬、対ソ関係一挙に好転。ロケット工学研事業部、衛星事業開始:オーストラリアの通信衛星の打ち上げに成功。
1991(平成3)年 学園新憲章(90年憲章)施行。暫定執行部&クラス代表会議業務開始。
  先頭へ戻る
リンク集 | このサイトについて | 個人情報保護について
The copyright of "Hourai-fc.com" is protected by the Japanese and international law.
Any form of secondary uses(including downloading and copying)without prior permission by the administrator is prohibited.
「Hourai-fc.com」の全ての著作権は日本国の法律、および国際法により保護されています。
個人的な使用を除く、いかなる形の2次使用(ダウンロード、コピーを含む)も管理人の許可無くしてはできません。