蓬莱学園高等学校TOP > 学園案内 > 歴史

歴史

概要

 ■校長メッセージ
 ■生徒会長メッセージ
 ■校歌
 ■校則
 ■校章・エンブレム
 ■創立150周年記念事業

蓬莱学園の歴史・エピソード


 ■歴史
 ■略年譜
 ■不忍池の誓い
 ■神田神保町の合戦
 ■三三七高地の戦い
 ■90年動乱

 ■穂北眞八郎の理想とその教育

蓬莱塾ノ時代
蓬莱学園。南洋の孤島にあり、仙人の治める三島の一つの名を冠に頂く、世界最大規模を誇る私立高校です。
学園は穂北眞八郎を抜きにして語ることはできません。この傑物にして教育者の一代記は、後の学園生徒に「かくありたし」と思わせる魅力に満ちています。
穂北眞八郎は、安政二年といいますから今から約140年前、日本史にある「安政の大獄」の3年前に学園のはじまりである蓬莱塾を、不忍池のほとりに開塾しています。
当時の塾生は352人、これが後の10万人を越える生徒数へと変貌する学園の出発点でした。時あたかも尊王攘夷の吹き荒れる、日本史上最も熱い時代の一つに数えられる「幕末」。たぎる思いと熱き血潮を宿らせた先達たちと、私達は相通ずるところがあるかもしれません。
この時代に、すでに蓬莱学園の気風というものの基礎が芽生えています。
蓬莱大学校ノ時代

蓬莱塾は明治に入り蓬莱大学校と改称され、男子高等部が北海道は小樽に開校されました。大学と名称は変わりましたが、その姿勢というか中身に変化はなく、時代が日清・日露や第一次世界大戦を経て暗い世相となっていくのを後目に、それらを感じさせない学園らしい事件や騒動を巻き起こしています。
大正期には浅草に浅草高等部、長崎に女子高等部が設立され、理事会が宇津帆島の一部を買い取り南洋研究機関を設立したのもこの頃です。
1923(大正12)年の関東大震災のときには、数々の建物が到壊するなか大学と高等部が無傷で残ったため付近の住民から「ほうらい様」と崇められたという記録が残っています。
1930(昭和5)年に理事会は浅草大学部を発展解消、宇津帆島の研究機関と合併させて「研究局」を立ち上げ、同時に第二高等部が新設しました。
これを期に学園設備や人員が急速に宇津帆島に集められていき、第二次世界大戦末期に海軍に島が接収されるまでの期間、大学(研究局)と第二高等部は独自の道を進んでいくことになります。
大合併ノ時代
戦後、宇津帆島の第二高等部と、本土にあった小樽男子校、長崎女子校が合併。現在の「蓬莱学園」が誕生、発展していくこととなります(記録紛失により確認はされていませんが横浜などにも付属校があったらしいです)。
しかし、この大合併には産みの苦しみがあり、小樽校残留派のテロ、受入態勢の不備による混乱で学生寮が廃材で作られるという混乱もあったそうです。
加えて戦後の混乱もあり、この時代には各種の団体が暗躍しつつ、少しづつ学園が形成されていった時代でもあります。
生徒会の時代
蓬莱学園には、幾つもの生徒会が現われては消えていきました。これらは、良くも悪くも学園を導く存在で逸話も数多く残っています。
特に、戦後間もない「鮫島執行部」、60年代の「酒橋執行部」、90年の「退学執行部」は負の執行部としてつとに有名です。  以上、駆け足的に蓬莱学園の歴史をお届けしました。もちろん、こういった知識がなくとも学園生活は十二分に楽しめますが、古きを温め新しきを知るという言葉もあります。学園の歩んできた道筋に思いを馳せるのも、たまには良いのではないでしょうか?
  先頭へ戻る
リンク集 | このサイトについて | 個人情報保護について
The copyright of "Hourai-fc.com" is protected by the Japanese and international law.
Any form of secondary uses(including downloading and copying)without prior permission by the administrator is prohibited.
「Hourai-fc.com」の全ての著作権は日本国の法律、および国際法により保護されています。
個人的な使用を除く、いかなる形の2次使用(ダウンロード、コピーを含む)も管理人の許可無くしてはできません。